SBFの活動報告

Shanghai Business Forum
Active Report

2014年10月 上海ビジネスフォーラム活動報告

開催概要

テーマ 先進企業に学ぶ中国での企業経営(モデル企業見学会)
日時 10月29日(水)
幹事 佐藤 忠幸さん他実行委員
講師 武内 隆様(光栄電子工業(蘇州)有限公司 総経理)
訪問企業 光栄電子工業(蘇州)有限公司
住所:中国蘇州高新区湘江路1458号(HOYAの前)
出席 見学会:44名(光栄電子工業様の3名を除く)
交流会:38名

概要

上海ビジネスフォーラム勉強会イメージ

光栄電子工業様は、紙幣整理機および紙幣計数機製造会社です。旺盛な改善意欲と徹底した5S運動そして熱心な社員教育で企業発展目ざましく、朝の挨拶運動等で蘇州テレビ放送でも大々的に取り上げられた有名企業が、稼働している生の姿を見ていただきたく平日開催としました。この機会に製造業は勿論、業種にこだわらず経営者様をお誘いの上ご参加くださり、経営環境厳しき日系企業様の、改革・改善のヒントが得られればとの思いで、光栄電子工業様にお願いしたところ快く引き受けてくださり、実現しました。
なお、親会社は兵庫県にある「グローリー株式会社」で紙幣整理機および紙幣計数機として世界のトップ企業です。

移動スケジュール

上海ビジネスフォーラム勉強会イメージ

10月29日(水) 花園飯店集合  住所:上海市茂名南路58号
(  )数時は実際の時間
12:15(12:20)貸切バスにて出発
14:00(14:35) 光栄電子様到着
14:15(14:40) 勉強会・見学会開始
17:45~19:45(18:30~20:20) 食事会(光栄電子様および蘇州企業様との交流)
21:頃(22:00) 貸切バスにて上海戻り

上海ビジネスフォーラム勉強会イメージ

① 各道路の渋滞で、移動の全てが遅延しました。次回からはもう少し時間的ゆとりを考えるべきと反省しています。

② 上海方面からは原則として貸切バスにて移動していただきました。無断キャンセル2名がおられ5分待ってから22名が出発しました。

③ 蘇州近辺の方は、光栄電子様に直行していただきました。 多くの方は自動車で行かれますので、入門方法、駐車方法についてご注意事項がいくつかありましたがきちんと守られ、整然と22名の方が入門していただきました。

④ 食事会場までの移動は上海からの貸切バスにて移動し、食事会に参加されない方は食事会場まで貸切バスで移動し、近くの地下鉄を利用してご自分でお帰りいただきました。

見学会スケジュール(説明は日本語のみ)

上海ビジネスフォーラム勉強会イメージ

14:45~15:05 イントロダクション
            ・ご挨拶と会社(GLORY&光栄電子様).紹介
15:05~15:50 5S活動の紹介
            ・5S概要説明
            ・5S活動ビデオ観察 ・質疑応答
15:50~16:00 (休憩)
16:00~17:00 工場見学
            ・工場見学 ・質疑応答
17:00~17:30 『改善活動の推進による人材育成』(講話)
17:30~17:45 全体まとめ と記念撮影

勉強会内容

上海ビジネスフォーラム勉強会イメージ

上記スケジュールの全てを、武内総経理自ら行っていただいた。
2003年 会社創立以来成長を続け、2009年には第二期工場、2013年には第三期工場が完成し従業員は400~500名を数えるまでになっています。売上も年々上昇を続けており、その成長の秘訣を覗かせていただいた。

1、徹底した教育・・・2010年に始まった幹部教育、2011年からの監督者教育は今も形や内容を変えてシリーズ化しており、意識改革と経営理念の共有化がなされ、言い訳を許さない環境に向かっている。新人は、配属前の集合教育で制度上の説明の他5S運動(特にしつけや清掃の仕方)そして経営理念を叩き込んでいる。清掃や挨拶が嫌な人はそのままお帰り願っている。製造に配属された場合はトレーニングラインで一定期間指導を済ませてから本配属している。

2、5S運動の推進・・・2008年本格的に全社運動として開始。当初はスムーズにできなかったが外部講師を招き指導を行ったところ半年後にはまともな活動ができるようになった。これをさらに定着させ、中国では難しいと言われる「しつけ」を強化した。

上海ビジネスフォーラム勉強会イメージ
  • 出勤時間の挨拶運動・・・正門前に数人が並び、出勤者全員に声をかけ、出勤者も挨拶を返す運動。当初は日本人が正門前に並んで行ったが、今では各職場が交代で自主的に20分ほど行っている。
  • 朝の全員ラジオ体操・・・これで心身の切替を行っているものと思われる。
  • 朝令の徹底・・・一般的な朝令の後、全員が携帯している経営理念・行動指針の唱和。
  • 朝の清掃時間を長くし、毎日全員で大掃除・・・普通の会社であれば大掃除と言いたくなるような清掃を毎朝17分間行っている。机や床も窓も門扉も便所も食堂も棚も屋根以外の全てがピカピカになって仕事開始である。心も頭もピカピカになること必定である。以前は5分間清掃であったが時間を伸ばして逆に能率が上がり生産量は変わらない。1人っ子政策により大事に育てられたお嬢さんは家では掃除をしたことがない。したがって、当初は抵抗があったようだ。そのため、便所掃除当番には武内総経理まで組み込まれている。しかし、定着後は職場を大事にし、汚さない工夫も生まれた。
  • 5Sパトロール、5S委員会の定例開催(毎週末)により推進方法の改善促進。

3、改善活動の推進・・・2009年より5S運動を土台として、QCサークルが始まった。それ以前は製造部門だけの活動であったが全社運動にして、これが次期幹部養成の場とも変わった。
① 改善活動を通してリーダーシップ養成

上海ビジネスフォーラム勉強会イメージ
  • 取りまとめ
  • 職場の活性化
  • 他部門との連携強化
  • プレゼンテーション能力の向上

② 次には改善活動を通して経営への参画

③ 本当のカイゼンへ発展

④ QC活動、カイゼン活動を通して、経営参加意識の向上と会社との一体感強化をねらう。

上海ビジネスフォーラム勉強会イメージ

4、成果に報いる人事・賃金制度の導入・・・2008年から独自の人事賃金制度を導入した。当初は職階等級制度であり、一部には年功序列賃金も含んでいた。しかし、透明性をもたせ且能力や実績に報いるためという色合いを強くすべく、2011年と2013年に改正を行い、現在の職能等級制度が出来上がった。

5、今後の課題と取り組み
人材の現地化を図り、中国人による中国の会社にする。
まずは工場部門の現地化・・・2017年までに部長以上は全て中国人が就けるように人材の養成をする。日本人が必要なら顧問でおき、組織の長は全て中国人とする。
日本人が決めて行動する会社の実態は、親会社が決めてその指示により行動する会社である。中国人が、自ら、会社の利益を考えて行動する企業文化へ変えたい。

見学会内容

上海ビジネスフォーラム勉強会イメージ
  • 工場見学は3組に別れて、武内総経理、井筒工場長、藤林部長のご三方にご案内いただいた。まず特別なところを除いては撮影OKとのこと、太っ腹ですね。
  • 社員は、たくさんの見学者が通っても脇目もふらず仕事に専念しています。見学者が通ると仕事を中断して挨拶をする会社を見かけますが、仕事をお願いする側から見ると、挨拶される度に不良が出ないかミスをしないかと心配です。その点ここは安心出来ます。
  • もちろん通路でお会いした場合はきちんと止まって挨拶をしてくれます。
  • 上海ビジネスフォーラム勉強会イメージ
  • そして、もう夕方近くなのに床や窓含めて職場は全てピカピカです。ゴミはもちろん、ホコリ一つもありません。「心身ともに気持ちの良い会社だ!」が実感できたのではないでしょうか。後で伺ったら、この見学会のために特別な大掃除をしたわけではなく、普段どおりをありのままに見せていただいたそうです。
  • 5S運動をしっかりとやられていることは、倉庫の棚や職場の物品管理を見ただけで明確です。モノの置き場、置く量、置いてある物品名などの表示が明確であり、誰が見ても分かるようになっています。
  • 改善ミーティングの場所や方法、そして各職場に掲示してあるモノを拝見すると毎月毎月(毎日かな)進歩改革が進んでいることがよく分かりました。

まとめ

上海ビジネスフォーラム勉強会イメージ
  • 日々に改善努力している会社はその姿を他人に見られることを恥ずかしいとは思わず、むしろ見られることにより、より一層頑張ろうという気持ちになるそうです。井筒工場長が食事会の挨拶時に「皆さんが見学に来ていただけることは、私も社員も励みになります。また是非いらしてください」とは非常に印象に残りました。
  • そして、武内総経理から「以前より悪くなった」と言われぬよう進化する活動であり続けたいと思います」とのお言葉が印象的です。事実、毎回伺うたびに、確実に進化しています。
  • 上海ビジネスフォーラム勉強会イメージ
  • 講演時の質疑時間で数人の方から「これだけの厳しいしつけをするため、また5S運動を継続するための賞罰制度は如何に?」というような質問が有りました。武内総経理様からその制度らしきものを若干ご紹介されていましたが、実際には金銭に関わる賞罰はほとんどありません。「頑張ったね!」という激励の言葉と表彰状程度でしょう。中国では金銭による賞罰が無ければ人は動かないとか、中国で「しつけ」は無理だという声を聞くこともありますが、それらは、今回の見学会で全て良い意味で、全て裏切られたことでしょう。
  • そして、今回の見学会、勉強会にご協力いただき、且つ、数々の教訓をくださった光栄電子工業(蘇州)有限公司様にあつく御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

初参加者紹介

上海ビジネスフォーラム勉強会イメージ

多数のため省略

実行委員からの報告・・・内山博文さん

  • 11月例会 15日開催 佐藤寿恵さん(サイノユナイテッドヘルス)
    「寒い季節も元気に!痛み防止エキササイズとリンパマッサージ」
  • 12月年末会 6日開催  延安飯店「海鮮魚市」にて開催
    勉強会  佐藤忠幸「2000年からの上海と私 ~14年間の小史を振り返って~」
    年末会報告 秋山賀世子 他で開催
    食事会は洋式日本料理、日本でも滅多に食べられない北海道の美味しいエビやカニの食べ放題です。

食事会・交流会

上海ビジネスフォーラム食事会イメージ

時 間  18時30分~20時20分
出 席  38名 (内3名は招待)
会 費  140元/人
会 場  「蘇州市桃園度假村」 (高新区金山路68号)

この会場は、蘇州SBFが毎回勉強会及び食事会で利用しているお馴染みのホテルで、蘇州SBFの薛事務局長のご好意でご手配いただきました。光栄電子工業様からも武内総経理はじめ工場見学時にお世話になった3人様にも来ていただき、蘇州SBF実行委員および会員諸氏も多く参加していただきました。
食事は4卓で行われ、光栄電子様、SBF、蘇州SBFのメンバーがそれぞれの卓に分散してお座りいただき、上海企業と蘇州企業との交流もすることができました。

上海ビジネスフォーラム食事会イメージ

1時間近く開始が遅れてスタートしましたが、交流は止まらず上海へ戻るバスの出発時間は1時間以上遅れてしまいました。バスの運転手が怒らないか心配でしたが杞憂に終わり無事に送り届けてくれました。有難うございます。