SBFの活動報告

Shanghai Business Forum
Active Report

2013年04月 上海ビジネスフォーラム活動報告

開催概要

テーマ 品質マネジメントの国際規格 (中国で使えるISO9001基礎セミナー)
日時 04月20日(土) 15:00~17:30
講師 上海品貫貿易有限公司 (上海クオリティ) 小貫 幸男さん
会場 上海品貫貿易有限公司セミナールーム
出席 26名

内容

1.ISO9001とは何か?

上海ビジネスフォーラム勉強会イメージ

ISO(国際標準化機構)でが出版した国際規格
・中央事務局はスイスジュネーブにある。

2.ISO9001の歴史

元々戦争の兵器を大量にしかも品質の高いモノを作るために企画されたのが起源。
1987年から、世界各国の多くの民間企業が取得を開始。
2000年(第三版)の頃から、中国でも取得が進みはじめる。
現在では、製造業のみならず、様々なサービス業でも活用されている

3.ISO9001の目的

顧客満足の向上が第一目標である。
この目的を達成する為に各セグメントごとにPDCAサイクルを回しドキュメント化していく事。
これにより、品質高く安定した事業を展開していく1つの手法(道具)である。

上海ビジネスフォーラム勉強会イメージ

-------------------
P →計画<Plan>
D →行動<Do>
C →確認<Check>
A →改善<Act>
-------------------
※以前は「A」はActionだったが、現在はActと変化している。
※大切なのは、このサイクルをグルグルと回し続ける事。
※実際の業務比率は、計画<Plan>が8割を占める

5.品質マネジメントの8原則

上海ビジネスフォーラム勉強会イメージ

①顧客に焦点を当てた組織
  現在及び将来のニーズを理解し、顧客の期待以上のことを達成するように努力する。
②リーダーシップ
  組織の中で内部環境を維持し、決められたことを行い満足させる。
③要員の参画
  各役目をよく理解して仕事出来る要員を配置する。
④プロセスアプローチ
  計画に基づいた役目をよく理解し作業を行う(計画があれば各人の自発的な仕事も可能)
⑤マネジメントへのシステムアプローチ
  相互に関連したプロセスをシステムとして識別し、理解・管理する
⑥継続的改善
  常に改善の手を休めない。
⑦意思決定に対する事実に即したアプローチ
  データおよび情報の分析に基づき意思決定を行う。
⑧供給者との互恵関係
  お互いの利益関係を一緒に向上させていく。

7.中国で使えるISO9001にするためには!

インプットをアウトプットするのが活動(activity)
製造業以外でも、お客様の満足を向上させる目的を達成させることが大切。

講演者(小貫さん)からのコメント

ISOは社員3名の組織から取得可能です。
大切な事は「ISOは取得するもの」ではありません。「ISOは使うもの」です。
取ることが目標だと、使えないものになってしまいます。
是非、この道具を用いて、業績の発展に繋げて貰えればと思います。

<まとめ>

浅はかな話ですが、「品質マネジメント」とのタイトルでしたので、製造業向けの話と思っていましたが大間違いでした。
これは、全ての業界・業種において直結出来る内容で、大変有意義な勉強をさせて頂く事が出来ました。
ありがとうございます。

また今回、4名の初参加の方にいらして頂けました。
次回以降も活気ある勉強会になれたらよいかと考えております。

食事会

上海ビジネスフォーラム食事会イメージ

◆会場:やきとり屋 鳥辰
http://www.dianping.com/shop/5616263
◆住所:浦电路318号格林豪泰1楼(近崂山路)
◆参加者:22名
◆食事代:200元/1名(飲物含)

昨今、鳥インフルエンザで騒がしい華東地区ですが、焼き鳥専門店で開催させて頂きました。
安全で安心の美味しい鳥串焼きの数々をふんだんに頂く事が出来、とても和やかなひと時でした。
日本酒、焼酎を提供頂きました、小貫さん、鈴木さんありがとうございました。
あれ?開瓶費っていらなかったのかな???(笑)

ご多忙のところ大変貴重な講演をして頂きました幹事の小貫さん。
そして休日出勤をして会場提供をして頂きました上海クオリティのスタッフの皆さまに心より感謝したいと思います。
ありがとうございました。

レポート:秋山
撮影:内山、鈴木
編集:鈴木